平岩裕子さんのココロ健康美人ファイル

【第1回】 なりたい自分「やまとなでしこ」

平岩裕子

平岩裕子

  • やまとなでしこ塾主宰。短期大学卒業後、大手百貨店に就職、人材コンサルティング営業、国際線客室乗務員、美容系サロンマネージャーなど、さまざまな角度から人と接する現場経験を積む。「マナーは方法ではなく心を伝えること」を念頭に、現場経験を活かした実践事例に基づいた講演は、幅広い年齢層の女性からの共感・支持を得ている。 やまとなでしこ塾他、企業や公的機関、医療機関でのマナー講座、接遇サービス研修などを実施している。

なりたい自分を探している中で一つ見つけた言葉「やまとなでしこ」

奥ゆかしくて清楚で可憐、一本筋が通った強い芯を持つ女性という意味です。

自分らしさを知ること

強い芯って、自分の価値を知り自分の可能性を信じているコトかなって私は考えています。 もともと、「でも」「だって」「私には無理」っていつも人を羨ましく思っていた私は、 その羨ましい女性たちと自分は何が違うんだろうっていつもアンテナをたててました。 そこで気付いたのは、彼女たちは自分らしさを知りその価値を磨き続けているということ。 ごくごくあたり前の事をコツコツと当たり前に積み重ねているんですよね。

“知っている"ことを習慣にしているかどうか

自分らしさとは、人との深い関わりの中で見つけ合い気付いていくもの。 女性らしさとは、知っている事を実際に自分に取り入れて身につけている事だと私は思います。 表情はにこやかな方がいい、姿勢は良い方がいい、話し方は丁寧な方がいい・・・ 大人になるとほとんどの人が知っている事、改まった場面で意識しても日常ではどうでしょうか? 知っているのに、普段は関係ない・意識するのが面倒くさいと思っていませんか? 女性らしさとは、当たり前に誰にでもできる事を習慣にしているかどうかの違いなのです。

マナーは心を伝えること

表情や立ち居振る舞い、姿勢も作法と同様にマナー講座で習う事が多いですよね。 では、マナーって何でしょうか? マナーとは「心を伝える」事だと私は思っています。思いやりの気持ちを伝える事。 相手を不快にさせない為、心地よく過ごして頂く為に大切なものだと思います。 改まった場面だけではなく、日常こそ思いやりの気持ちを伝えお互いに気持ちよく過ごせる為に マナーを意識し実践する事が大切なのだと思います。

人はお互いに影響を与えあっている

たとえば、職場で一人そんな人がいたらどうでしょうか?気持ちよく仕事ができませんか? 「夜勤もこの人となら嬉しい(安心)」とそんな気持ちになることはありませんか? 逆も然りで、「この人とだと気を使うなぁ。怖いなぁ」と思う事もあるかもしれません。 人はお互いに影響を与えあっています。どうしても与えられる影響の事だけを考えてしまいますが 今、ご自身はどんなの影響を周りに与えていると思いますか? どちらの影響を与えられる人がいいですか?
自分の在り方を意識する事で、周りの人に良い影響を与えられたら私は嬉しいと思いますが、 皆さんはいかがでしょうか?

どんな時も自分らしく女性らしく立ち居振舞える素敵な女性を目指して、状況の捉え方や心の持ち方からマナーを意識してみませんか? 「私はこんな女性になりたいなぁ」「こんな女性でありたい」 「あんな人になりたい」っていう理想を持ちながら、自分の在り方を意識し、環境に流されない強い芯を持つ素敵な女性になりましょう。