歯科経営者に聴く ~第一線で活躍する院長から学ぶ~

医療法人社団 歯科タナカ 田中 久敏 理事長

医療法人社団 歯科タナカ 田中 久敏 理事長 & 医療法人社団 渋谷歯科タナカ 田中 健久 院長

田中健久院長は、父である補綴学の第一人者、田中久敏理事長の背中を見ながら歯科医の道を志し、独自の専門性を身につけて歯科医院経営者としても成功への道を歩き続けている。診療の要に「おもてなしの心」を据えて、優れた診療技術で患者様に120%の満足を提供する。渋谷歯科タナカを受診した患者様は丁寧な心配り、高度な診療に心を奪われる。歯科業界の若き俊英、口腔内を1つの臓器として、う触治療、歯周病治療、歯科口腔外科、小児歯科、義歯治療などの専門医育成に情熱を捧げる父の考えを継承しつつ独自の境地を開拓し続ける田中院長は、将来の歯科学、歯科医院経営の指導者としての資質を十二分に備えた人材であるといえよう。

医療法人社団 歯科タナカ 田中 久敏 理事長

医療法人社団 歯科タナカ 日本補綴歯科学会認定研修機関 歯学博士 田中 久敏 理事長

プロフィール

  • 1934年 長野県生まれ
  • 1961年 九州歯科大学卒業
  • 1961年 米国オハイオ州立大学院
  • 1972年 米国オハイオ州立大学歯学部准教授(有床義歯補綴学講座)
  • 1975年 米国ワシントン大学St.Louis歯学部准教授(有床義歯補綴学講座)
  • 1977年 岩手医科大学歯学部教授(歯科補綴学第一講座)
  • 1983年 岩手医科大学歯学部付属病院病院長
  • 1999年 日本補綴歯科学会会長
  • 1999年 日本歯科医学会常任理事
  • 2003年 岩手医科大学名誉教授
  • 2004年 青山通り歯科タナカ開業
  • 日本補綴歯科学会 専門医・指導医
  • 日本顎関節学会 専門医・指導医
  • 日本顎咬合学会 認定医・指導医
医療法人社団 渋谷歯科タナカ 歯学博士 田中 健久 院長

医療法人社団 渋谷歯科タナカ 渋谷インプラントセンター 日本補綴歯科学会認定研修機関
歯学博士 田中 健久 院長

プロフィール

  • 1974年 米国オハイオ州生まれ
  • 1999年 岩手医科大学歯学部卒業
  • 1999年 東京医科歯科大学歯学部研修医
  • 2000年 東京医科歯科大学歯学部局部床義歯学専攻生
  • 2001年 米国イリノイ大学歯学部留学
  • 2003年 東京医科歯科大学大学院入学
  • 2004年 青山通り歯科タナカ勤務
  • 2005年 東京医科歯科大学大学院卒業 歯学博士所得
  • 2006年 青山通り歯科タナカ 院長
  • 2008年 渋谷歯科タナカ渋谷インプラントセンター院長
  • 日本補綴歯科学会所属
  • 日本顎咬合学会 かみ合わせ認定医
  • 日本口腔インプラント学会所属
  • ICOI(国際インプラント学会)所属
  • ブローネマルクインプラント認定医
  • Dr Malo Education All on Four Clinical Course認定医
  • NYU(New York University) インプラントぺリオコース第5期生
▼クリックして展開▲クリックで閉じる

【親から子への歯科医院経営の継承】

低迷する日本の歯科臨床医学を向上させるため、ということに尽きます。具体的には歯科補綴学を基本として専門医を育成し、専門的治療を行うことです。
日本で専門性が明確なのは矯正歯科です。諸外国においては一般歯科にも専門性がありますが、日本では必ずしも明確ではなく、包括的に行われています。矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科は、単独の専門性をもった領域として標榜することが認められていますが、まだまだ不十分といわざるを得ません。
日本の歯科臨床医学を向上させるためには、若い歯科医が、自分が一番得意とする専門を身につけることが重要でしょう。だからといってそれだけしかできないというのも困ります。全体を把握した上での専門性が必要です。一般歯科診療の上に専門医を育成し、専門的診療を行う、それを実践しているのが私たちのクリニックだと自負しています。

私は、専門医を育成して専門性の高い治療を患者さんに提供することを目的に歯科クリニックを開設しましたが、専門医を必要とする患者さんが多数おられるので、開業は成功したと思います。私どものクリニックは日本補綴歯科学会認定研修機関となっています。

院長先生が歯科の道を志したのは、日本補綴歯科学会及び日本歯科医学会の重鎮でもあるお父様の影響が大きかったのでしょうか。

影響は大きかったですね。
父親の仕事に魅力を感じていたので、高校時代に進路を選ぶときも迷いはありませんでした。父が研究、教育、臨床に携わる岩手医科大学歯学部に入って、父の仕事に対する情熱、あるいはその名声を聞き、プレッシャーを感じたことは事実ですが、歯科医の道を選んだことに迷いはまったくありませんでした。

だからといって勉強ばかりしていたわけではありません(笑)。むしろラクビーに明け暮れる毎日でした。スタンドオフというポジションでしたが、ラクビーを通じて学んだことは、仲間を大切にする精神、チームプレーあるいはコミュニケーションスキルなどでしたが、それらの経験は歯科経営や患者さん対応にとても役に立っています。

理事長先生は父親としても嬉しかったのではないでしょうか?

初めて息子と一緒にお風呂に入ったとき、「俺、やっぱり歯医者になるよ」って言ったんですよ。一緒に食事する時間が無いほど忙しく働いていたので、なかなか親子で話す時間も取れないものだから。大事な時期だったし、そりゃ嬉しかったですよ。

ラグビーは一時、東京医科歯科大学でラクビーの監督もやっていたし、ラグビーから得たものは大きかったですよ。「団結心」「指導性」「コミュニケーション能力」を培ったとはっきり言えます。

親から子へ、歯科医院経営の継承には親子だからこそ難しい面もあると思います。理事長先生はその点、どうお考えになりますか。

親子の関係で、同じ職場で仕事をするのは難しいことがいっぱいあります。
ただ、自分の専門性を生かすには親の専門性を継承するのではなく、自ら開拓して自立的に専門性を身につけていくことが重要です。そう言う点で、息子は自立的に専門性を身につけています。だからこそ青山通りの歯科タナカは入れ歯専門の治療にし、渋谷歯科タナカはインプラント審美歯科を中心に、一般歯科は私の教えを継承してと言う内容になっています。息子の独自性を大切にし、今の世の中にあった経営学を学ばせて、全面的に信頼して運営を任せています。

偉大な父親であり理事長先生への思いの移り変わりを伺えればと思います。

正直、大先生とも初めはぶつかりました。
やはり、自分の中での経営方針と大先生との経営方針が違うという点が、難しい点だったと思います。どうしても譲れない部分に関しては、根気強くわかってもらうまで説明を行い、理解してもらいました。成功の最大点は、大先生を尊敬してきたことではないかと思います。

とにかく、学会への参加で大先生の偉大さを感じたのは、言うまでもありませんでした。
歯科の業界で勉強をする場合に学会への参加は不可欠になります。学会における大先生の偉大さは、自分にとっても誇らしいことでした。
今は大先生の理解の下で、私に任せてもらっています。

院長先生は専門性をどのように身につけられたのですか。

大学を卒業してからアメリカに留学しました。そこで歯科医の専門性について学びました。テーマは補綴学でしたが、日本とは教育がずいぶん違うと感じました。日本の場合は保険制度を前提とした教育、つまり一般歯科学を教えますが、アメリカでは専門医を教育する。その点ずいぶん違うと感じました。どちらにも良い面と悪い面があると思いますが、臨床医を育成するという大きな目的に沿って教育しているのがアメリカの教育だと思います。

特に、ニューヨーク大学ペリオ・インプラント科での研修は、自分にとって良い経験となり、現在のインプラント治療の基礎を築きあげた研修でした。
若いドクターにも積極的に海外の研修に参加し、日本と海外の差を感じてもらいたいと思います。

【継承された経営】

経営理念についてお聞かせ下さい。

おもてなしの精神です。
これは大先生からの継承でもあり、全てにおいておもてなしの心で対応しています。

患者様が来院されたら治療の前に、おしぼりとお茶をお出しします。そのお茶も直ぐに飲んでいただけるように熱さも考えています。

立地に関しても、遠方から来られる患者様のことを考えてターミナル駅を選び、診療室はプライバシーの尊厳を第一に、そして安心感を与えることに留意しました。

【診療方針】

診療においても患者様を診るのではなく、患者様をもてなす「おもてなしの歯科医院」をモットーにあたっています。
1人の患者様に対して30~60分の予約で、しっかり説明をし診療します。それ以上の時間になると患者様には負担になりますから、その時間内で満足していただけるよう配慮します。

最良の治療をサービスするために最新の医療機器を取り揃え、今でも月に1回アメリカで講習を受け、海外の進んでいる技術を習得しています。
また、安全性は私たちが最も気を配ることの1つで、1人1人の患者様に完全滅菌した器具を使い、徹底した消毒・滅菌を行なっています。

私たちの診療方針をまとめると、まず「おもてなし」の心を形にして患者様に接し、その上で一般歯科、インプラント治療を問わず最高の医療サービスを提供することです。

理事長先生は、歯科治療のあり方についてどのようにお考えですか。

大きな問題であり、一言二言で言えることではありませんが、あえて言えば、医療が細分化されて患者さんを診ないで臓器ばかり診ていると批判されますが、口腔内を一つの臓器として考えた上で、症状や病態を把握することが大切です。

現在、1日の患者数は何人くらいでしょうか。

歯科タナカの患者数は1日30人ほどです。30分から1時間をかけると多くの患者様を診ることはできません。完全予約制ですから、一番困るのが予約のキャンセルです。初めは院長としての自分が努力して対応していたのですが、それは違うなと気付いたのです。今はスタッフ全体で取り組んでいます。キャンセルがなければ1日30人でも十分やっていけます。

説明に時間をかけることで自費率が上がっているという利点もありますね。

しっかり説明すると、患者様の治療に対しての選択肢が広がるということです。患者様が我々の診療姿勢、歯科治療技術すなわち診療の質を理解していただいた結果だと思います。そのような患者様が増えることは大変ありがたいことであり、だからこそやっていける側面はあります。

【増患対策】

おもてなしの精神が広く伝わっていくこともありますが、ホームページのSEO対策や雑誌などへの投稿にも現在のところ力をいれています。

【スタッフ教育】

スタッフには、診療方針である「おもてなし」の心を大切にするよう指導し、患者様ができるだけ快適に施術を受けられるようスタッフ全員が心配りできるように指導します。スタッフ教育に関しては他よりも厳しいかもしれませんね。
大先生が始めた良い面を取り入れて、さらにより良くしていきたいと思っています。

マニュアルをつかって、誰が応対しても同じように高いレベルの「おもてなし」を常にできるようにしています。スタッフマニュアルは、統制のとれた医療を行うためには必要なことと考えています。マニュアルがあることによってスタッフは治療及び患者様応対に迷うことがありません。羅針盤のような存在と思って下さい。

それと毎朝のミーティングも欠かせません。その日にやるべきこと、治療内容、発生した問題点の原因と解決など、重要な意味をもっています。

【今後の展開】

後進の育成を目指していますので、色々と展開していくと思います。今後、歯科タナカの重要な課題となると思います。社会人として、ドクターとしてしっかりとした考え方のできる人間を成長させたいと思います。当院に勤務していただければ診療は一般レベル以上のものを習得してもらえますし、ハートを感じてもらえます。患者様に対してや経営学の他、一般社会人としての礼儀も身に付きます。目的意識をはっきり持った方に勤務していただくことで、今後の展開にも夢がもてますね。

これから開業を目指す若い先生方へメッセージをお願いします。

開業は本当に大変なことです。
成功した先生の華やかな部分だけを見ていてはだめです。
歯科医の数も歯科医院の数も増えています。昨年のデータによれば日本では1日1軒の歯科医院が閉院していると聞きます。かなりの激戦ですが、当院のように育成してくれるクリニックできちんと教育臨床経験を積むことだけでなく、先ほども言いましたが、患者様に対してや経営も勉強して、一般社会人としての成長も大事です。ですから自分の将来を見据えて意欲を高く持つことじゃないでしょうか。私は一流の歯科医になりたい、昨日の繰り返しだけで満足できない、歯科医としても人間としてもより自分を高めたいという姿勢が必要でしょう。スキルアップしたいと思うならどれだけ講習会に参加して、海外で勉強して、というように実行あるのみです。

【プライベート】

休日はどのように過ごされていますか。

時間があれば釣りにでかけています。船で沖合にでかけて100キロ超級の大物釣りを狙います。基本的に食べて美味しいものですね。白須先生(青山通り歯科タナカ院長)と一緒にでかけるのですが、遊びでは現在の最大の楽しみになっています。

楽しみに待っていますがなかなか食べられない!(理事長談)

【タイムスケジュール】

  • 医療法人社団 渋谷歯科タナカ 田中 健久 院長
  • 医療法人社団 渋谷歯科タナカ 平面図