グループ紹介

医療法人社団 耕陽会は、大森、目黒、町田に続き、2016年に自由が丘、吉祥寺に新規開業し、都内で5つの「グリーンアップル歯科医院」を運営している医療法人です。現在、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、アシスタント、受付(コンシェルジュ)、またマネジメントを中心とした事務や経理を募集しています。5医院のサービスレベルを統一すべく、スタッフの教育に注力しています。

当院は、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、アシスタント、コンシェルジュ(受付)の各分野のスペシャリストが、力を合わせて患者様と向き合う「チーム医療」を大切にしています。
患者様のお口の健康を第一に考え、日々研鑽を怠らず、向上心の強い方のご応募をお待ちしております。

医療法人社団 耕陽会では「積極的に学ぶ意欲がある」「チームに貢献するための努力を惜しまない」このような人財を求めています。知識や経験は一切問いません。
私たちは、あなたの将来を一緒に作っていきたいと考えています。

動画紹介

 

耕陽会の魅力

  • DH専用の診療個室有、制服貸与

  • 毎月1回、研修を行っています、自社の研修室完備。
    院内勉強会、全体ミーティング・部門長ミーティング、理事長の海外研修等の勉強のチャンスは多いです。

  • 月給 40万円~120万円、歩合保険18%~自費22%~
    賃金改定随時、賞与年1回、賃退職金制度(勤続年数5年以上)

  • 慶弔休暇、育児休業、年始年末休暇
    引っ越し費用負担、住宅手当(規定有)

  • 社員旅行有(海外)、お食事会あり

  • 当法人での勤務は、オールラウンドの診療を経験できるよいステージになると思います
    専門のコンサルタントから経営のノウハウも学ぶことができます。


教育制度

研修会の実施

当院では、全医院のスタッフの技術・知識のレベルの向上を図るため、毎月1回、院内研修を行っています。一同に会することでチームを意識でき、スタッフ同士の交流の場としても活用されています。
毎月の全体ミーティングや部門別のミーティング等、患者様のご満足のために改善案を話し合ったり、アイデアを出しあいながらサービスの向上に取り組んでいます。また、各部門でも接遇、技術練習等も行っています。

自社の研修室を自由が丘院に設けています。そこで発表を行ったり、自由が丘院のガラス張りのオペルームでの研修も行います。

原田メソッドによる教育体制

国内の一流企業が導入し、続々と目標達成を実現している「原田メソッド」を、当院の教育体制にも積極的に取り入れています。
当院では、社外で指導する資格を持っているスタッフが社内で指導しています。 特に新人研修においては、入社前の3回の研修のうち1回は原田メソッドについての研修を設け、一流企業や有名野球選手なども行っている研修内容を実施しています。

(原田メソッドとは人材育成のスペシャリストであり、「株式会社原田教育研究所」の代表取締役社長・原田隆史氏が開発した目標達成のためのメソッド。「毎日の仕事の中で人格(土台)を磨いたうえで、ツールを活用しながらその人の「能力」が正しく発揮されれば目標を達成できる」という考え方です。)

メンター制度も採用しています

メンター制度とは、会社や配属部署における上司とは別に指導・相談役となる先輩スタッフが新入スタッフをサポートする制度のことをいいます。メンターとはもともと助言者という意味であり、年齢や社歴の近い先輩スタッフ(=メンター)が、新入スタッフ(=メンティー)の仕事における不安や悩みの解消、業務の指導・育成を担当します。

新入スタッフは上司とは別の相談相手ができることで、必要なスキルや技術を身につけながら、会社に馴染むことができます。
指導・育成にあたる先輩スタッフにとっても、マネジメントの技術を身につけるための貴重な場となります。

先輩の声

◆ 先輩歯科医師の声 【 DR 入社4年目 徳竹 克俊 】

自分の能力の限界以上のことができるようになったと思います。
自分の限界を決めているわけではありませんが、ここに入る前に思っていたことや経験してきたこと以上の力を発揮できるようになったと実感しています。
法人全体として教育に力を入れて取り組んでいるので、自分もそれに準じて成長していきたいと思います。
また、新人のドクターが入ってきた際に一から教えて共に成長できればと思っています。

◆ 先輩歯科衛生士の声 【 DH 入社5年目 野村 美月 】

最初が目黒院を見学させて頂いて、そこで初めてホワイトエッセンスというものを知りました。
他の医院ですとスケーリングなどはドクター主体になりがちですが、こちらは衛生士主体のホワイトニングやクリーニングなどのコースの提案も患者様にできるので、そういったところが衛生士としてやりがいがあると感じて選びました。
これまでは比較的受け身がちの自分だったのですが、月に1回全体のミーティングの中で、自分の発表なども行ったりするので主体的に考えて行動するようになりました。そこが入社して大きく変わったところだと感じています。
また、これから新しく入ってこられる方々にしっかりと教えていける先輩になりたいと思っています。

◆ 先輩歯科技工士の声 【 DT 入社5年目 標 譲二 】

17年歯科技工所で働いていて、こんな歯科医院があったらいいなという思いで仕事をしていました。
自分が相手とする方、対象とする方が変わりました。今までラボにいたときは製品に対して、プロダクトに対して誰の顔を見ていたかというと歯科医師なんですね。
それがグリーンアップル歯科に来たことで対象とする方は歯科医師ではなく、目の前にいる患者さんだと分かりました。そこが大きく変わったところですね。
歯科技工所でいうとビジネスモデルを変えたいというように思っています。そのために月1回のミーティングの中でやりたいことを共有して、そこの精度を一つずつ高めていくということをしています。

◆ 先輩アシスタントの声 【 DA 入社2年目 竹田 友紀子 】

今まで仕事に対して、こなすことしか考えていなかったんですが、原田式メソッドを学ぶことで、長期的な目標を立てるようになり、自分の成功した姿などをイメージするようになりました。
インプラントなど高度な治療に携わることができ、さらに幅広くできるようになったことが変わったところだと思っています。